福祉事業

貯金事業

この事業は、組合員からお預かりした貯金を安全かつ有利に運用し、組合員の財産づくりと豊かな生活設計に役立つよう設けられた事業です。

1 貯金の種類

  • 定例積立金…毎月の給料からの積み立て
  • 賞与積立金…6月及び12月の賞与からの積み立て
  • 臨時積立金…共済貯金の加入者が臨時に積み立て

2 貯金の積立て

  種類 積立方法 積立額 積立限度額



定例積立 給与天引き(※1 1,000円以上(1,000円単位) 制限なし
賞与積立 賞与天引き(※1 1,000円以上(1,000円単位) 制限なし
臨時積立 口座振込(※2 10万円以上(1万円単位) 年間500万円(※3
※1 積立額を、所属所で給料(賞与)天引きして共済組合へ送金していただきます。
※2 積立額を、加入者で共済組合へ送金していただきます。
※3 年間とは4月1日から3月31日まで。共済貯金総額に限度額はありません。

3 利率

年0.80%(税引後0.637%)

利率については、金融情勢の変動に応じて設定することになっています。

4 利息の計算

毎年3月及び9月の末日に計算し、翌日に元金に繰り入れる半年複利方式になっています。

5 加入時期

毎月申込みを受付(末日締切り)、翌月から積立てが開始されます。

6 積立額の変更

年2回、4月及び10月に受付、6月・12月から変更されます。

7 貯金の払戻し

  • 払戻日は月2回で、次のとおりです。
      締切日 払戻日
    1回目 前月末日 15日
    2回目 15日 末日(3月及び12月は25日)
    備考 締切日は厳守願います。 銀行休業日にあたるときは、前営業日となります。
  • 「積立貯金払戻・解約請求書」には、登録印を押印してください。
  • 共済組合に「給付金等受取金融機関指定・変更届書」により登録済みの金融機関指定口座に送金します。
  • 払戻し金額は、1,000円単位の整数倍です。
  • 原則として、1年以上経過するまで払戻しはできません。

8 貯金の解約

  • 解約日は月1回で、次のとおりです。
      締切日 解約日
    期日 5日 末日(3月及び12月は25日)
    備考 締切日は厳守願います。 銀行休業日にあたるときは、前営業日となります。
  • 「積立貯金払戻・解約請求書」には、登録印を押印してください。
  • 共済組合に「給付金等受取金融機関指定・変更届書」により登録済みの金融機関指定口座に送金します。
  • 貯金者の死亡により解約する場合は、「積立貯金払戻・解約請求書」の余白部分に遺族等の氏名(漢字・カナ)及び送金先金融機関口座を記載し、貯金者との関係を明確にする書類(戸籍謄本等)を添付してください。
  • 非課税制度の適用を受けている場合は、「非課税貯蓄廃止申告書」を併せて提出してください。
  • 解約月の貯金の預入れはできませんので、給与(賞与)天引きはしないでください。

9 積立の中断、復活

毎月月末締切り、翌月分から中断、復活されます。

10 臨時積立の留意事項

(1)積立額は10万円以上(1万円単位)で、積立限度額は、年間500万円です。

年間とは4月1日から翌年3月31日まで。但し共済貯金総額には限度額はありません。

(2)貯金の積立方法について

加入者が、各金融機関及びATM等から、次のいずれかの口座に振り込んでください。

金融機関名 口座番号(口座名)
十八銀行 本店 普通 0730581 長崎県市町村職員共済組合理事長
親和銀行 長崎営業部 普通 1175505

(3)振込報告書の提出について

加入者が、臨時積立金を振り込むときは、別添「臨時積立振込報告書」を入金月の25日までに、各所属所の共済事務担当課を通して共済組合に提出してください。

区分 事務手続の順序 提出書類
共済貯金
加入者
  1. 「振込報告書」の提出
  2. 共済組合口座へ振込
臨時積立振込報告書
共済貯金
未加入者
  1. 臨時積立金を振り込む前月末までに「加入申込書」の提出
  2. 「振込報告書」の提出
  3. 共済組合口座へ振込
  1. 加入申込書
  2. 臨時積立振込報告書
「加入申込書」と「臨時積立報告書」は共済組合のホームページからダウンロードできます。

(4)振込手数料について

共済組合の振込用紙を利用し共済組合が指定する金融機関窓口で振り込むと、振込手数料は不要です。それ以外の振込みについては振込手数料が必要です。

振込用紙 手続先 振込手数料
共済組合の振込用紙 「十八銀行」、「親和銀行」 の本支店窓口 無料
上記以外の金融機関窓口 加入者負担
各金融機関の振込用紙 全ての金融機関窓口
- インターネットバンキング、ATM

(5)振込依頼人について

臨時積立金を振り込むときは、振込用紙の「依頼人欄」に「加入者氏名」「電話番号」「住所」を必ず記入してください。


(6)インターネットバンキング、ATMでの振込みについて

(ア) 振込限度額については、各金融機関にてご確認ください。

(イ) 午後3時を過ぎますと、共済組合口座への入金は翌営業日となります。

11 税金の取り扱い

利息に対し一律20.315%の税金がかかります。(身体障害者等一定の要件を備える者については、「非課税貯蓄申告書」により手続きをすることで銀行等へ申請済みの非課税限度額と合算して最高350万円までは非課税扱いとされます。)

12 その他の手続き

  • 氏名・登録印の変更については、「積立貯金変更依頼書」により手続きが必要です。
  • 貯金者が、退職・所属所間異動をした場合は、「貯金者異動報告書」により共済事務担当者から報告をしてください。(FAX報告可)

積立貯金事業月例スケジュールはこちら

積立貯金事業各種様式記入例はこちら